トップページ > お葬式のマナー
ご参列の際にまずはご確認いただきたい、マナーの基本です。
基本のマナー 服装のマナー 香典のマナー

基本のマナー

ご葬儀前のNG (やってはいけないこと)

不幸の知らせを受けたら、深夜でもすぐに駆けつける

よほど親しい間柄でなかった場合は、お葬式前の弔問は遠慮するのがマナーです。 親しかった場合も、以前は夜遅くてもとりあえず駆けつけるのが良いとされていましたが、夜10時以降は遠慮するのが良いでしょう。

 

電話をかけてお悔やみを述べる

お葬式を控えた遺族は、家族を亡くした悲しみの中で、忙しく準備をしている最中です。そんなときに電話をかけてお悔やみを述べるのは、非礼に当たることです。お葬式の際に直接お伝えするか、参列できないときは弔電を打ちましょう。

 

喪家へ長居をする

葬儀前の喪家は、想像以上に忙しく、遺族も疲れています。そこへ長居をするのはマナー違反です。線香を手向けた後は、早々に引き上げましょう。
逆に、ご近所だったり、家族ぐるみのお付き合いだった場合などは、何か手伝えることがないかを伺って、細々としたことを進んでお手伝いしましょう。

 

故人との対面を自分からお願いする

故人との対面を自らお願いするのは配慮に欠けます。
遺族から促された場合のみ対面し、線香を手向けます。

 

ご参列時のNG (やってはいけないこと)

遅刻する

開始時間の案内通りに到着するようにしましょう。読経や弔事の最中に着席するのはできるだけ避けてください。

もし、やむを得ない事情で遅れてしまったときは、遅れたお詫びを述べ、焼香をさせてもらいましょう。

すでに受付に人がいなくなってしまった場合は、香典を直接遺族に手渡すか、遺族の前で祭壇に供えます。

 

香典に新札を包む

結婚式では新札を使用しますが、お葬式では逆に失礼とされています。

古くからの考え方で、新札を使うということは「前もって死を予期して用意していた」「待っていた」とされますので、注意しましょう。

もし、新札しか手元にないという場合は、折り目をつけてお包みします。

 

遺族と長話をする

お葬式では、親しい間柄でない限りは、遺族に挨拶するのは控えます。

あなたが参列したということが、弔意を表したということになりますので、無理に遺族を探して声をかける必要はありません。遺族と親しかった場合でも、長話をするのは控えましょう。

遺族にゆっくりとお別れをさせてあげるためにも、お悔やみの言葉は、手短に述べるのが基本です。

 

遺族へ死因を聞く

これは、最も配慮に欠ける行動です。くれぐれも悲しみを増長させるような言動は控えましょう。

また、遺族の感情に訴えるようなオーバーな表現も慎みましょう。

 

知り合いを見つけて話しかける

お葬式では、お知り合いに会うこともあるかと思いますが、仕事の話や近況など、世間話をするのはマナー違反です。お葬式の場所は、同窓会ではありません。

遺族への最低限のマナーとして、私語は斎場を出た後からにしましょう。

大きな声を出している方もたまに見受けられますが、場をわきまえていないと見られてしまいます。

 

通夜振る舞いを遠慮する

参列者は通夜振る舞いをとらない地域もありますが、通夜振る舞いには、故人への供養の意味があります。

通夜振る舞いへ促されたら、箸を付けるだけでも構いませんので、お断りしないようにしましょう。

また、「食事」ではありませんので、 あまり長居をしないようにしましょう。

 

小さなお子さんを連れて行く

静かにしていられる年齢であればかまわないのですが、ぐずりやすい年頃の小さなお子さんは、近しい親戚でない限り、通常は同席させません。

可能な限り、身近な方などに預かっていただくようにしましょう。

 

キリスト式のお葬式で、「ご愁傷様です」「心よりお悔やみ申し上げます」と声をかける

キリスト教の場合、天に召されるという考え方ですので、お悔やみという考え方はしません。

「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」という言い方が一般的です。

 

ご焼香のマナー

焼香の回数

宗派により回数が決められています。


曹洞宗:回数にこだわらないが通常2回。利き手の親指・人差し指・中指の三指で軽く香をつまみ、他の手のひらを下から添えて額のところまで戴き香炉にたきます。
次に同じく三指で香をつまみ、そのまま添えるように香をたきます。
浄土宗・天台宗:特に定めがありません。
真言宗・日蓮宗:通常3回。
※これらの宗派では香を額に戴いて焼香します。
浄土真宗:香を戴くことはしません。
本願寺派(西):1回。 大谷派(東)2回。

 

宗派の異なる仏事に参列する場合は、自分の宗派の作法で行っても礼を失することはありません。また、弔問者が多数の場合は、丁寧に1回焼香するようにします。

 

焼香の作法

①香炉を引き寄せ、合掌して軽く礼をします。

②利き手三指で香をつまみ、他の手のひらを下から添えて額まであげて戴きます。

③片手合掌のまま香をたきます。

④たき終わったら合掌のまま頭を深く下げて拝礼します。
 
マナーとして、焼香がスムーズに進むよう心がけましょう。

和室で回し焼香の場合は、香炉が自分の所に回ってきたら香をたき、次の方に香炉を回してから合掌します。
火葬場などで、立って焼香する場合は、香をたき終わったら同じ場所で合掌せず、

右か左(二列の時、右側の人は右、左側の人は左)に二歩位斜めに下がりそこで合掌します。

(出典:「あきた仏事110番」大坂高昭)

服装のマナー

男性

■ ダークスーツ(ジャケット)
■ 白シャツ
■ 黒のネクタイ
■ 黒の靴下
■ 黒の靴

・スーツはシングルでもダブルでもかまいません

・シャツは白が基本で、柄物は避ける

・ネクタイは黒無地が基本で、結び方に決まりはありません

・ネクタイピンや胸ポケットのハンカチは身に着けないのがマナー

・靴下は黒無地が基本で、柄物は避ける

・靴は光沢のない黒が基本で、スエード、金具が付いている物は避ける

・殺生を連想させる毛皮のコートは避ける

・結婚指輪(婚約指輪)・腕時計(派手でない物)以外のアクセサリーは基本的に避ける

・喪章は一般会葬者は付けません(喪章は遺族などの関係者が付けるものです)

 

女性

■ 黒、紺、茶などの地味なスーツ、ワンピース
■ 黒の靴
■ 黒、または肌色のストッキングを履く
■ 肌の露出は避ける

・スーツ・ワンピースは地味でシンプルな物を

・メイクは派手にせず自然な感じで、マニュキアも目立たない程度なら可

・髪の毛の色は黒が望ましく、スッキリとさせる

・アクセサリーは結婚指輪(婚約指輪)以外は身に着けないのがマナーですが、パールのネックレスを身に着ける場合は1連の物を(2連の物は重なることを嫌う弔事では厳禁です!)

・夏でも肌を露出させる服装は避ける

・素足ではなく必ずストッキング(黒色・肌色)を履く

・香水は控えることがマナー

・バック小物類は最低限の小さく地味な布やカーフの物が基本で、殺生を連想させる製品は避ける

・「ミュール・サンダル」などの靴は避け、エナメルなどの光沢のある靴は避ける

・殺生を連想させる毛皮のコートは避ける

・光沢のある物は身に着けない

 

子ども

男の子

※学校の制服がない場合
・黒、紺、茶などの地味なジャケット
・白シャツ
・黒のネクタイ
・黒系の地味なズボン
・黒、白の靴下
・光沢のない黒い靴

 

女の子

※学校の制服がない場合
・黒系の地味なワンピース
・白のブラウスに黒のスカート
・黒、白の靴下
・光沢のない黒い靴

 

香典のマナー

基本

香典(不祝儀)を持参するのは、「葬式(葬儀・告別式)・通夜」のいつでもかまいませんが、通夜と告別式どちらにも会葬(参列)する場合は、通夜の時に渡すのが一般的です。 また通夜と告別式どちらにも会葬(参列)する場合、どちらでも香典(不祝儀)を持参するのは、不幸が重なるという意味になりますので、必ずどちらかで供えるようにしましょう。

 

■ 包む金額は「4・9を除いた奇数」がマナー(例:1万円、5千円など)
■ 包む紙幣は新札ではなく古い紙幣が一般的。
■ 弔事の場合、お札の顔が下向きになるように入れるのが一般的です。
■ 喪主以外の親族は、同居している場合は香典を包まず、別居している場合は香典を包むのが一般的。

のし袋の書き方

表書き

上段に書いてある、用途に関しては、「御霊前」が最もポピュラーです。一応、全宗教のお葬式で使える表書きとなっています。注意として、「御仏前」というのはお葬式ではなく、四十九日の法要から使う表書きなので間違えないようにしましょう。 

 

下段には、名前をフルネームで記入します。この時に、「薄墨」という、通常の筆ペンよりも薄い色のものを使って書くようにしましょう。薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。


また、裏側の折り方にも注意してください。
慶事とは逆で、先に下側を折って、次に上の折りを重ねます。返しが下に向くことで悲しみを表しています。


裏側に名前や金額を書く欄がある場合は記入します。

香典袋は、水引が印刷されたものから豪華な水引きがついているものなど、多くの種類が売られていますが、目安としては、香典金額が5,000円くらいまでは水引が印刷されているシンプルなものを使い、10,000円以上の場合は、実物の水引がかかっているものを選びましょう。 

蓮の花が印刷された香典袋も多く見かけますが、これは神式やキリスト式のお葬式では使いません。仏式のときだけ使用するようにしましょう。 

 

表書きの用途例

宗教や儀式の意味によってお香典の表書きは違います。
間違えてしまうと失礼に当たることもありますので注意しましょう。
「御霊前」が、全ての宗教・宗派の葬儀で使用可能とされていますので、不安なときは「御霊前」としておくのが良いでしょう。

表書きの書き方例

仏式の場合 御霊前・御香典・御香料
神式の場合 御霊前・御玉串料・御神前
キリスト式の場合 御霊前・御花料・献花料
無宗教式の場合 御霊前

 

お寺・神社・教会へお礼 のし袋の書き方例

表書きは、普通の墨で書きましょう。

また、御布施を僧侶に渡す時は、小さな盆などにのせて渡しましょう。手渡しや、床に直接置く事は失礼になります。

不祝儀袋を使う場合は、仏式以外では、はすの模様入りを避けるようにしてください。

「御礼」が、どの宗教でも使用可能とされていますので、不安なときは「御礼」としておくのが良いでしょう。

表書きの書き方例

仏式の場合 御礼・御布施・読経料・御回向料など
神式の場合 御礼・御祈祷料・御祭祀料・御榊料・御神饌料など
キリスト式の場合

教会へは、献金・記念献金・感謝献金・ミサ御礼・御ミサ料など

神父や牧師には、御礼とする

 

渡し方

香典(不祝儀)はスーツのポケットやカバン、裸で持参するのではなく、「地味な袱紗(ふくさ)」に包んで持参します(袱紗をお持ちでない場合は、今後も使用すると思いますし、それほど高価なものではありませんので、購入しても良いと思います)。

 

受付で、

「このたびはご愁傷さまでございます」

「さぞかし、お力落としでございましょう」

「心からお悔やみ申し上げます」

などとお悔やみの言葉をかけ、袱紗から香典(不祝儀)を取り出し、表向きの名前を受付の方に向けて渡し、会葬者名簿に記帳します。

 

また通夜の場合、受付が設けられていない場合がありますので、その場合は祭壇に供えます。

 

香典の包み方

 

参列できない場合の香典

遠方にお住まいの場合などで、「通夜・葬儀・告別式」、いずれにも会葬(参列)出来ない場合は、弔電を打ち、香典(不祝儀)を郵送しましょう。

 

香典を郵送する場合は、金銭を直接、現金書留に入れて郵送するのではなく、金銭を「不祝儀袋(香典袋)」に入れて、その不祝儀袋を「現金書留」に入れて、「喪主宛て」に郵送しましょう。

 

また、現金書留に住所や氏名が書いてありますが、不祝儀袋(香典袋)にも通常通り、「中袋の住所・氏名・金額」などを書きましょう。

 

※香典を郵送する場合は、一緒にお悔やみの言葉を書いた手紙を添えると良いでしょう。

※香典を郵送することは失礼にあたりませんが、友人・知人など、他の弔問者に預けるのは失礼にあたりますので注意しましょう。

 

ページトップへ